外国人の人材紹介

電話アイコン 03-6912-8522

定休日:土日祝日 営業時間:10:00〜18:00

メールアイコン
       電話アイコン

在留資格の種類

外国人の方が日本で継続的に在留するために必要な資格のことを在留資格といいます。入国するために必要な査証(ビザ)とは別の制度となっています。ここでは特に、日本で働く外国人の方の多くが取得している資格や、入管法改正によって新たに創設された資格についてご紹介します。
日本国内での深刻な人手不足を解消するために、一定の専門性・技能を有した即戦力となる高度人材を、積極的に受け入れるための制度なので、これから外国人の採用を考えている企業、または、外国語に堪能な専門職の採用を考えている企業の方は、参考までにご覧ください。

技人国

技術・人文知識・国際業務の頭文字を取って、技人国と呼ばれています。ホワイトカラー向けの在留資格の中では、最もポピュラーな資格であり、留学生として勉強に来られた外国人の方が、大学や専門学校で学んだ知識を活かすことができます。

システムエンジニア(SE)・機械工学・法律・通訳・マーケティング・デザイナー・企画・営業・そのほか多数

経営管理

「経営」は、外国人が日本で会社を設立する場合、または、すでにある会社に、外国人経営者を招へいする場合に必要とされる在留資格をいいます。次に「管理」とは、管理職として日本に招へいする場合の在留資格です。「経営」であれば資本金・社員数など、「管理」であれば、経験年数・期間の証明などの規定が設けられています。

代表取締役・管理職

技能

本邦の公私の機関との契約に基づいて行う産業上の特殊な分野に属する熟練した技能を要する業務に従事する活動

スポーツ・料理人・加工職人

介護

本邦の公私の機関との契約に基づいて介護福祉士の資格を有する者が介護又は介護の指導を行う業務に従事する活動

介護福祉士

研究

技能実習法上の認定を受けた技能実習計画に基づいて、講習を受け、及び技能等に係る業務に従事する活動

研究職 ※大学卒大学院卒で修士学位を有している

お問い合わせ